コンテンツへスキップ

2023.02.07

    小野和子著『あいたくて ききたくて 旅にでる』をすこしずつ読んでいる。日曜日は、冬のあいだにすっかり殺風景になってしまったベランダのために、近所の花屋でワックスフラワーを買ってきて鉢に植えた。800円。日曜日は混んでいる… 続きを読む »2023.02.07

    2023.02.04

      先日ジェフリー・アングルスさんに教えてもらった、キャロル・キングが歌う「チキンスープ、ライスいり」のYoutube動画がかわいくて、何度も見てしまう。もともとはモーリス・センダックのことば遊びうたで、私は子どもの頃に邦訳… 続きを読む »2023.02.04

      2023.02.02

        この冬に作ったものを、思いだすままに書いてみる。りんごジャム。ヨーグルトケーキ。トマトソースパスタ。明太子パスタ。湯どうふ。焼きうどん。塩たまご。塩もみきゅうりとハムとスライスチーズのトースト。バターとバナナとはちみつの… 続きを読む »2023.02.02

        2023.01.19

          しめきりのある原稿の途切れめがきて、久しぶりにゆっくり読書や料理や掃除をしている。火曜日には上野のピカソ展に行って、そこから友達夫婦の営んでいる西馬込のカフェに足を伸ばしたりもした。ピカソの絵は、入ってすぐのところに展示… 続きを読む »2023.01.19

          2023.01.05

            仕事初め、ランドマークタワー。行きがけに、みなとみらい駅でとてもかわいい老婦人に「6番出口ってどこかしら?」と声をかけられて、「私もその出口なんですけど、どこでしょうねえ」と一緒に迷いながら道案内をした。老婦人は「なんと… 続きを読む »2023.01.05

            2023.01.04

              新しい年が、しれっと始まってしまった。どこにも出かけずに部屋で年越しをした。そのかわり、去年の最後の週にご近所仲間のSちゃんたちが南伊豆ドライブ旅行に連れ出してくれた、その思い出をお正月の肴にしていた。ふしぎな旅だった。… 続きを読む »2023.01.04

              2022.12.28

                ドラマ「エルピス」最終話。嗚咽するほどの涙が、何度も何度も出てしまう。「なんで殺されなきゃなんないのよ」という浅川(長澤まさみ)の渾身の台詞に、大きなものが込められすぎていて、私は怒っていたんだ、そうだ、当然だよ、怒って… 続きを読む »2022.12.28

                2022.12.22

                  同じイタリア人をファシズムと反ファシズムの二つの意識に引き裂き、対立する思想ゆえに、民衆が隣人を敵視し、あるいは極端な場合には肉親までも敵視し、血で血を洗い、殺戮と報復を繰り返して、その果てに解放を達成したとき、人びとは… 続きを読む »2022.12.22

                  2022.10.11

                    「私は思い描く」 私は思い描く、南へ向かう列車を。私は思い描く、あなたの今朝のあくびを。私は思い描く、夏のシーツを渡るテントウムシの速度を。私は思い描く、清掃業者が鍵を閉めて出ていった部屋の隅に、ゆっくりと舞い落ちる埃を… 続きを読む »2022.10.11

                    2020.10.10

                      もう何年も、政治報道を見るたびに「これ以上ことばを、日本語を、蹂躙しないでくれ」という気分に侵される状態が続いている。きょうは朝日新聞を読んでいた。矛盾ということばが何度もつかわれている記事だった。その記事の書き手の意見… 続きを読む »2020.10.10