略歴

大崎清夏(おおさき・さやか)

神奈川県出身。2005年頃から詩作を始め、2011年「ユリイカの新人」に選ばれる。詩集『指差すことができない』で第19回中原中也賞受賞、『踊る自由』で第29回萩原朔太郎賞最終候補。そのほか、著書に『目をあけてごらん、離陸するから』(リトルモア)、『新しい住みか』(青土社)、『地面』(アナグマ社)、戯曲に「珠洲の夜の夢」(2022、スズ・シアター・ミュージアム)などがある。音楽家や美術家など、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも多数手がけ、絵本の文や楽曲歌詞、ギャラリー等での詩の展示など、さまざまなかたちで活動を行う。2019年、第50回ロッテルダム国際詩祭招聘。知らない町を歩くことと、山小屋に泊まる登山が好き。

著書・関連書籍 ≫
全活動歴(日本語版CV/pdf)≫


2022.10.30.
『目をあけてごらん、離陸するから』できました。
私にとって初めての、散文作品群を収めた本です。

この本には、「目をあけてごらん、離陸するから」「歌う星にて、フィールドワーク」「ハバナ日記」の、3つの章があります。/「目をあけてごらん、離陸するから」は、今年「ちくま」で発表した詩的散文2篇と、細々と書き継いできた短編小説3篇を大幅に改稿して収録した章です。/2015年以降、詩の先達に声をかけていただき、誘われるままに、さまざまな国の国際詩祭に参加しました。それは残念ながらパンデミックで中断させられてしまいましたが、「歌う星にて、フィールドワーク」「ハバナ日記」には、詩祭でのさまざまなエピソードを詰めこみました。大好きな山の話も入れました。お楽しみいただけたらさいわいです。

装幀は佐々木暁さん!
帯文は穂村弘さん!
なんという心強さ!
優しい水色の本になりました。
添い寝の飛行機たちの絵はCourtney Knightさん、版元はリトルモアです。
たくさんの人に出会えますように。
✈︎

◎ご紹介いただきました
フィガロジャポン 2023.1月号/瀧晴巳氏

Amazonはこちらから


2021.5.31.
『踊る自由』という詩集ができました。

装幀を大島依提亜さんに
帯文を岡田利規さんに
それぞれ手がけていただきました。

自由の宣言みたいな箔押しです。
たくさんの人に出会えますように。
🩰

左右社ウェブサイトはこちらAmazonはこちら

◎第29回萩原朔太郎賞 最終候補作
「新潮」11月号に選評が掲載されました

◎穂村弘さんとの対談
「短歌と詩を書くこと、そして今月の詩について」ウェブ花椿 2021.8.16

◎ご紹介いただきました
フェリシモ会員誌 kurasobi 3月号/旦 悠輔氏
日経新聞 2021.12.25付 回顧2021 詩/蜂飼 耳氏
ダ・ヴィンチ 2022.1月号/水戸部巧氏
現代詩手帖 2021.12月号 書評/栩木伸明氏
毎日新聞 2021.10.25付夕刊文化面 Topics
図書新聞 2021.10.23 書評/山田亮太氏
みんなのミシマガジン 2021.10.08「明日の一冊」
フィガロジャポン 2021.11月号/瀧井朝世氏
毎日新聞 2021.08.28「話題の本」/清田隆之氏
現代詩手帖 2021.9月号「詩書月評」/松尾真由美氏
装苑  2021.9月号 CULTURE NEWS
FUDGE 2021.9月号 PICK UP NEW BOOKS
公明新聞 2021.07.05「詩集」欄/野村喜和夫氏
BRUTUS 2021.06.01発行/No.970


連載中

◎ 映画に登場する詩を読みとく
スクリーンに詩を見つけたら」(映画.com)

◎ ミミメーシス氏が散歩中に見つける世界のふしぎ
「ふしぎ採集者 ミミメーシス氏の手記」(月刊誌『たくさんのふしぎ』付録「ふしぎ新聞」)

◎ 建築にまつわる詩とエッセイ【終了・全10回】
壁ぎわの記憶 -空間の物語-」(Webマガジン AXIS)


出品・出演・コラボレーションなどのおもな活動歴

2022

◎ さいはての朗読劇「珠洲の夜の夢」@スズ・シアター・ミュージアム 作
◎ 新・今日の作家展2022「世界をとりとめる」@横浜市民ギャラリー
◎ BSテレ東「ファッション通信」8.27放映《時代の表現者》出演
◎ 映画美学校 言語表現コース「ことばの学校」ゲスト講師
◎ Umitaro ABE, nakaban and Sayaka Osaki presents「暗闇に手をひらく」出演(東京金沢
金氏徹平×大崎清夏「池上上々交換日記」展 @池上KOTOBUKI Pour Overほか 出品
◎ BOTTEGA VENETA「THE SQUARE TOKYO」@表参道 出演
◎ 『踊る自由』重版記念朗読会 @三軒茶屋Twililight 出演
◎ 吉開菜央監督作「Shari」アフタートーク @第35回高崎映画祭 出演
◎ 藤沢市アートスペース主催「オペラーカス-創造ラボVol.0」参加
◎ 「ベンチのためのPLAYlist」@吉祥寺シアター 作品提供
◎ 思潮社主催イベント「リーディングという誘惑」@本屋B&B 出演
◎ 詩の礫「Ladder」× MIDNIGHT POETS「礫の楽音」@Twitter Space ゲスト出演

2021

◎ 対談企画「作者のことば」w/t マーサ・ナカムラ @早稲田祭 出演
◎ 声に出して詩を読む会 @湘南サステナブル研究会 進行役
◎ 松戸の街と詩のワークショップ @PARADISE Air 進行役
◎ 四元康祐 presents「大崎清夏『踊る自由』を読む」@ひかりのうま 出演
◎ シンポジウム「詩の翻訳、詩になる翻訳」第2部 @早稲田大学小野講堂 出演
◎ アートイベント「テラスアート」@テラスモール湘南 出品+参加型アート企画
◎ プラネタリウムの朗読会 @こまき市民文化財団 出演
◎ 蓮沼執太フィル「浜離宮アンビエント」@隅田川怒濤 出演
◎ 毛利悠子「I/O」映像制作 @Theater for All 参加
◎ 作品+トーク「コロナ禍を歩く」@小金井アートフル・アクション ゲスト
◎ TURN ジャーナル WINTER 2020/特集「ちぐはぐな時間」寄稿

2020

◎ ダンスのアクセシビリティを考えるラボ @Dance Bace Yokohama 研究会メンバー
◎ プロジェクションマッピング「高尾をめぐる」@高尾599ミュージアム
詩集「閑散として、きょうの街はひときわあかるい」(TOLTA マイナンバープロジェクト)参加
◎ 佐々木美佳監督作「タゴール・ソングス」アフタートーク@ポレポレ東中野 出演
Modern Poetry in Translation: Dream Colours Online Launch(2020.4.30)出演
◎ おおかわ記憶の詩画展/春を分けあう朗読会 @愛媛大洲 古民家カフェ Chez利太郎
◎ interiors scene vol.01 Special Live「部屋の岸辺で」with aqubi @東京Fluss 出演
◎ 小金井アートフル・アクション「まちはみんなのミュージアム」@小金井市内各所 アーティスト
◎ てわたしブックス主催「詩人・大崎清夏と巡る世界の詩 全3回@双子のライオン堂 案内役

2019

◎ SYLP Meeting「Atmosfears 樹海の詩たち」@表参道スパイラル 出演
◎ 蓮沼執太「NAD / iff」リリース記念インストアライブ @恵比寿NADiff a/p/a/r/t 出演
◎ 「音で観るダンスのワークインプログレス」@穂の国とよはし芸術劇場 テキスト
◎ 毛利悠子/David Horvitz「summer rains」@SCAI THE BATHHOUSE 翻訳協力
◎ 「伊藤比呂美の詩の演習03教室」@早稲田大学戸山キャンパス 参加
◎ 第2回 AXIS Design Round-table「境界線を越えて」@ AXISギャラリー 出演
◎「音で観るダンスのワークインプログレス final」@神奈川芸術劇場 テキスト
◎ 小金井アートフル・アクション「まちはみんなのミュージアム」@小金井市内各所 アーティスト
◎ てわたしブックス主催「詩人・大崎清夏と巡る世界の詩 全3回@双子のライオン堂 案内役

*2018年以前の活動内容は日本語版CV(PDF)に転載しました。