100本の映画

無人島で観たい(あるいは2度と観たくない)極私的クラシック100本。作成中。

  1. ディズニー「白雪姫」(1937)
  2. ウィリアム・ワイラー「ローマの休日」(1953)
  3. 小津安二郎「東京物語」(1953)
  4. ロバート・ワイズ「サウンド・オブ・ミュージック」(1965)
  5. ディズニー「ロビン・フッド」(1974)
  6. ブライアン・フォーブス「シンデレラ」(1976)
  7. マイケル・チミノ「ディア・ハンター」(1978)
  8. ロバート・ベントン「クレイマー、クレイマー」(1979)
  9. ビクトル・エリセ「エル・スール」(1983)
  10. フェデリコ・フェリーニ「そして船は行く」(1983)
  11. 大島渚「戦場のメリークリスマス」(1983)
  12. ヴィム・ベンダース「パリ・テキサス」(1984)
  13. パーシー・アドロン「バグダッド・カフェ」(1987)
  14. ヴィム・ベンダース「ベルリン・天使の詩」(1987)
  15. 神山征二郎「ハチ公物語」(1987)
  16. ヴィム・ベンダース「都会のアリス」(1988)
  17. エドワード・ヤン「牯嶺街少年殺人事件」(1991)
  18. 北野武「あの夏、いちばん静かな海。」(1991)
  19. 相米慎二「お引越し」(1993)
  20. クエンティン・タランティーノ「パルプ・フィクション」(1994)
  21. ニコラ・フィリベール「動物、動物たち」(1994)
  22. クリント・イーストウッド「マディソン郡の橋」(1995)
  23. リチャード・リンクレイター「恋人までの距離(ディスタンス)」(1995)
  24. エミール・クストリッツァ「アンダーグラウンド」(1996)
  25. テオ・アンゲロプロス「永遠と一日」(1998)
  26. アニエス・ヴァルダ「落穂拾い」(2000)
  27. ポン・ジュノ「ほえる犬は噛まない」(2000)
  28. ジャン=ピエール・ジュネ「アメリ」(2001)
  29. 犬童一心「ジョゼと虎と魚たち」(2003)
  30. ジム・ジャームッシュ「コーヒー&シガレッツ」(2005)
  31. 山村浩二「年をとった鰐」(2005)
  32. ファリス&デイトン「リトル・ミス・サンシャイン」(2006)
  33. 李相日「フラガール」(2006)
  34. 荻上直子「めがね」(2007)
  35. ミシェル・ゴンドリー「恋愛睡眠のすすめ」(2007)
  36. ポール・トーマス・アンダーソン「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(2007)
  37. 橋口亮輔「ぐるりのこと。」(2008)
  38. ウェス・アンダーソン「ファンタスティック Mr.FOX」(2009)
  39. ラース・フォン・トリアー「アンチクライスト」(2009)
  40. シルヴァン・ショメ「イリュージョニスト」(2010)
  41. 原田眞人「わが母の記」(2012)
  42. 石井裕也「舟を編む」(2013)
  43. 高畑勲「かぐや姫の物語」(2013)
  44. リューベン・オストルンド「フレンチアルプスで起きたこと」(2014)
  45. フレデリック・ワイズマン「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」(2014)
  46. ジョージ・ミラー「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015)
  47. 庵野秀明、 樋口真嗣「シン・ゴジラ」(2016)
  48. 片淵須直「この世界の片隅に」(2016)
  49. バリー・ジェンキンス「ムーンライト」(2016)
  50. ドゥニ・ヴィルヌーヴ「メッセージ」(2016)
  51. ジム・ジャームッシュ「パターソン」(2016)
  52. 中野量太「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016)
  53. ジェームズ・ガン「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(2017)
  54. マーティン・マクドナー「スリー・ビルボード」(2017)
  55. ヨルゴス・ランティモス「女王陛下のお気に入り」(2018)
  56. アンナ・ボーデン&ライアン・フレック「キャプテン・マーベル」(2019)
  57. トッド・フィリップス「ジョーカー」(2019)
  58. クロエ・ジャオ「ノマドランド」(2020)
  59. セリーヌ・シアマ「燃ゆる女の肖像」(2020)
  60. スパイク・リー「アメリカン・ユートピア」(2020)
  61. 岨手由貴子「あのこは貴族」(2020)
  62. 土井裕泰「花束みたいな恋をした」(2021)
  63. アダム・マッケイ「ドント・ルック・アップ」(2021)