新着

これからの出来事

言葉で遊ぼう!おうちで詩作
藤沢市アートスペース
Modern Poetry in Translation: Dream Colours
Online Launch
合唱組曲「新しい住みか」2020.3.14 初演
詩・大崎清夏/作曲・森山至貴

これまでの出来事

引用元:朝日新聞 撮影:寺田実穂子

春を分けあう朗読会
2020.3.20(金・祝)
於 古民家カフェ Chez利太郎
朗読:大崎清夏 演奏:石塚周太

おおかわ記憶の詩画 展
2020.3.20(金・祝)〜3.28(土)13-17時
日本画:瀧本広子/詩:大崎清夏
企画・コーディネート:宮下美穂
主催:NPO法人 おおなる工房


第1詩集「地面」を復刊しました(2020.3.8)

🌳 取扱店情報 🌳
双子のライオン堂
H.A.Bookstore
Amazon


連続イベント
シリーズ 詩人・大崎清夏とめぐる世界の詩

Date: 2019.11.10 第1回:中南米の女性詩
2019.12.8 第2回:詩のお祭りを旅する
2020.1.12 第3回:ブレイクビーツ時代のアメリカ詩
Place: 双子のライオン堂
主催:てわたしブックス
第1回ゲスト:駒井睦子(清泉女子大学教授)
第2回ゲスト:iidabii(スラムポエット)
第3回ゲスト:佐峰存(詩人)
公式サイト


音で観るダンスのワークインプログレス final

Date: 2019.8.31
Place: 神奈川芸術劇場
ダンス:捩子ぴじん(ダンサー)
詩:大崎清夏(詩人)
朗読:山下残(ダンサー)
企画:田中みゆき
トーク出演:捩子ぴじん、大崎清夏、細馬宏通(早稲田大学文学学術院文化構想学部教授)、田中みゆき
モデレーター:萩原雄太(演出家、かもめマシーン主宰)
https://www.kaat.jp/d/OTOsession20190831
http://otodemiru.net/


第2回 AXIS Design Round-table
「境界線を越えて — 拡張し合う言葉とイメージ」


Date: 2019.7.23
Place: AXISギャラリー(東京)
トーク出演:工藤桃子(建築家)、中山英之(建築家)、環ROY(ラッパー)、大崎清夏(詩人)
ファシリテーター:鞍田崇(哲学者)
企画:松渕彩子
撮影:金川晋吾
https://www.axismag.jp/posts/2019/07/135240.html

2019年の仕事机から

注目の建築家に手がけた空間を案内してもらい、聞き書きエッセイと詩で綴るWeb連載がスタートしました。連載タイトルは「壁ぎわの記憶 -空間の物語-」と言います。初回は工藤桃子さん、第2回は中山英之さんにお話を伺いました。
https://www.axismag.jp/special/2019/kabegiwa/

6月13日から16日まで、オランダで開催された第50回ロッテルダム国際詩祭に招聘参加してきました。オープニングイベントの模様がYoutubeにもアップされています。私の出番は1時間34分あたりです。

視覚に障害のある方とともにダンスを楽しむ方法を探る『音で観るダンスのワークインプログレス』の3年目にしてファイナルとなる上演とトークに、テキスト担当として参加しました。ダンサーの捩子ぴじんさん、企画の田中みゆきさん、朗読を担当した振付家の山下残さん、そしてモニターを務めてくださった視覚障害者のみなさんとの、芸術の新しい展開を探ってゆく時間、貴重な貴重な時間でした。
http://otodemiru.net/

作曲家の森山至貴さんの手で、詩「炊飯器」が合唱曲になりました。
2019年3月9日に札幌の合唱団リトルスピリッツの皆さんが初演してくれました。
2020年3月4日には、新たに3篇の詩が作曲され、組曲として初演される予定です。
うううっ。楽しみです。

これまでにさまざまな媒体に寄稿したエッセイの一部をnoteに公開しています。当初有料でスタートしましたが、現在はすべて無料で読めます。
https://note.mu/osakisayaka/m/m8b29610b884b

福音館書店の科学絵本シリーズ、3〜5歳向けの〈ちいさなかがくのとも〉のために、わにわにシリーズやマオ猫でおなじみの山口マオさんと、新しい絵本をつくっています。来年、2020年3月号としてお届けする予定です。年間購読がおすすめだよ。
https://www.fukuinkan.co.jp/maga/detail_chika/

ユリイカ2019年3月号、写真家の岩合光昭さんの特集に、エッセイ「動物と知り合うということ」を寄稿しました。ヒトとしてヒト以外の動物と知り合うときの、私の作法についてなどです。
http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3268

詩誌『て、わたし』第6号の特集「生きづらさを越えて生きる」に、ドミニカ共和国の詩人、ローリステリー・ペーニャ・ソラーノの詩3篇の翻訳を寄稿しました。いまを生きる海外の詩人の作品を日本語で読むことのできる貴重な詩誌です。文学フリマや取扱い書店にて。
https://togetter.com/li/1342385

 

8月の仕事机から

まったく暑くてかないませんね。
8月22日から30日まで、さっぽろ天神山アートスタジオに滞在することになりました。この季節の、さくさくした空気の札幌が楽しみです。滞在中は新しいことばの執筆にいそしみますが、ひとつのご縁があって、一夕だけ小さな朗読会をひらきます。札幌のみなさま、ご都合あえば、どうぞ遊びにきてください。

【8/24追記】8/28、札幌国際芸術祭の”非公式”さんとお話しすることになりました! 詳細はこの下をごらんください。

朗読会
〈札幌の住みか〉
★日時
8月25日(土)
16:30開場17:00開演
1,500円(1ドリンク付)
(※18時頃終了予定)
★場所
喫茶こん
065-0021
札幌市東区北21条東1丁目3-1
◆駐車場は店向かいのコインパーキングをご利用ください
★要予約
予約終了

非公式企画第7弾
トーク
「詩人と非公式でつくる“現代アート講座”と建築のような“新しい住みか”。」

日時:8月28日19時~。
会場:庭ビル2階(札幌市中央区大通西17D&DEPARTMENT HOKKAIDO by 3KG/ろばのこ入るビル、地下鉄東西線西18丁目駅徒歩3分、北海道立近代美術館そば)
料金:無料。

アクセス
https://www.d-department.com/ext/shop/hokkaido.html

北の皆さんにお会いすることをとても楽しみにしています。
DjlU2yPUcAAZBu9

そして。ゲスト参加した『アルプの音楽会』の音源が配信の運びとなりました! 音の粒つぶがひとつずつ見えるみたいな楽曲ばかりで、私は「生い茂る電子音」がとくに好きです。「読む人」では「黙祷」という詩の朗読で参加しました。

8月17日から、OTOTOYというサイトで配信始まるもようです。いいヘッドホンとかで聞いてほしい。ぜひ。

詳しいニュースはこちら:
https://ototoy.jp/news/89067

CM動画: