コンテンツへスキップ

2023.12.21

     朝、コーヒー、小豆いり玄米ごはん、にんじんと油揚げとゆで卵の味噌汁。味噌汁に、オリーブオイルをすこし垂らして胡椒を振った(洋風になっておいしい)。秋に玄米をもらってから、まだうまく炊けないことも多いけれど、玄米を食べる… 続きを読む »2023.12.21

    2023.12.15

       黒沢美香さんが生きていた頃、彼女のダンス公演のチラシによく「怠惰にかけては勤勉な黒沢美香のソロダンス」という冠文句が書かれていて、好きだった。けさ、いまの自分の状態を身体の内側を点検する感じで探っていたとき、「怠惰にか… 続きを読む »2023.12.15

      2023.10.27

        さいきん、ふるい文芸誌を破壊しながら読むのにはまってしまっている。きょうは群像の2020年6月号を破壊した。いま暮らしている部屋にもってきた文芸誌が、二冊だけあった。どちらも群像で、翻訳小説の特集と、論の遠近法という特集… 続きを読む »2023.10.27

        2023.10.01

          すず、五日目。宝湯別館を早朝にチェックアウトして、完成したばかりのスズ・シアター・ミュージアム分館へ。午前中いっぱいかけて、採話と連詩ワークショップをした。美術家の南条嘉毅さんの企画で、私は講師役。ゲストに海太郎さんと川… 続きを読む »2023.10.01

          2023.09.30

            すず、四日目。朝、見附島まで散歩した。それから、もうすっかり道連れ感の出てきた赤いかわいい車を運転して若山の山道を走り、鈴木泰人さんの展示をみにいった。「音蔵庫」という名前の、とてもいい作品だった。鈴木さんはゆったりと在… 続きを読む »2023.09.30

            2023.09.29

              すず、三日目。 午前中の空き時間に、マリア・フェルナンダ・カルドーゾというコロンビア出身のアーティストの作品を見て、それから『うつつ・ふる・すず』プレトークのために〈さいはてのキャバレー〉に向かった。キャバレーも地震で地… 続きを読む »2023.09.29

              2023.09.28

                すず、二日目。午前中、行ってみたいと思ったままずっと行けずにいたギャラリー「舟あそび」に伺えることになった。ギャラリーのご主人の舟見有香さんと、珠洲焼作家の篠原敬さんに挨拶して、珠洲焼の作品を見せていただいたりしながら、… 続きを読む »2023.09.28

                2023.09.27

                  すず、一日目。羽田からの午前便で、今年三度目ののと里山空港に降りた。空港にはS上さんが迎えにきてくれた。宿に荷物を置いて、宿の明るい部屋ですこし仕事をした。海太郎さんに偶然会えたので、レンタカーに同乗してシアター・ミュー… 続きを読む »2023.09.27

                  2023.08.21

                    Twitterをやめたあと、わりと直後にThreadsを始めてしまって、あんなに覚悟してやめたのに何だったんだろう、引っ越しただけじゃんかと自分で自分につっこんでいる。でもThreadsには企業がやっている公式メディアが… 続きを読む »2023.08.21