新着

2020年、ここで私は

◎ 八王子市の高尾599ミュージアムにて10月17日から始まる、新しいプロジェクションマッピング『高尾をめぐる』の歌詞を担当しました。
http://www.takao599museum.jp/

◎ 資生堂の月刊誌「花椿」にて、「今月の詩」の選考を歌人の穂村弘さんとともに担当しています。
https://hanatsubaki.shiseido.com/jp/poem/

◎ 第14回 shiseido art egg賞の審査員をつとめています。
https://gallery.shiseido.com/jp/exhibition/474/

◎ マガジンハウスの雑誌「BRUTUS」に取材記事「大崎清夏と読む、いまを生きる詩人たち。」が掲載されました。(20209.15)
https://brutus.jp/article/924/36519

◎ ライフ&カルチャーコミュニティ「She is」の特集「癒しながら」に、詩を2篇、寄稿しました。(2020.8.31)
https://sheishere.jp/column/202008-sayakaosaki/

これまでの出来事

詩集「閑散として、きょうの街はひときわあかるい」(TOLTA マイナンバープロジェクト)に参加しました

Modern Poetry in Translation: Dream Colours
Online Launch(2020.4.30)
合唱曲「炊飯器」初演(2019.3.9)
詩・大崎清夏/作曲・森山至貴

Poetry International Festival Rotterdam 50th Opening(2019.6.13)
「通路」a.k.a.「モレモレのための詩」
詩・大崎清夏/作曲・石塚周太

引用元:朝日新聞 撮影:寺田実穂子

春を分けあう朗読会
2020.3.20(金・祝)
於 古民家カフェ Chez利太郎
朗読:大崎清夏 演奏:石塚周太

おおかわ記憶の詩画 展
2020.3.20(金・祝)〜3.28(土)13-17時
日本画:瀧本広子/詩:大崎清夏
企画・コーディネート:宮下美穂
主催:NPO法人 おおなる工房


第1詩集「地面」を復刊しました(2020.3.8)

🌳 取扱店情報 🌳
双子のライオン堂
H.A.Bookstore
Amazon


連続イベント
シリーズ 詩人・大崎清夏とめぐる世界の詩

Date: 2019.11.10 第1回:中南米の女性詩
2019.12.8 第2回:詩のお祭りを旅する
2020.1.12 第3回:ブレイクビーツ時代のアメリカ詩
Place: 双子のライオン堂
主催:てわたしブックス
第1回ゲスト:駒井睦子(清泉女子大学教授)
第2回ゲスト:iidabii(スラムポエット)
第3回ゲスト:佐峰存(詩人)
公式サイト


音で観るダンスのワークインプログレス final

Date: 2019.8.31
Place: 神奈川芸術劇場
ダンス:捩子ぴじん(ダンサー)
詩:大崎清夏(詩人)
朗読:山下残(ダンサー)
企画:田中みゆき
トーク出演:捩子ぴじん、大崎清夏、細馬宏通(早稲田大学文学学術院文化構想学部教授)、田中みゆき
モデレーター:萩原雄太(演出家、かもめマシーン主宰)
https://www.kaat.jp/d/OTOsession20190831
http://otodemiru.net/


第2回 AXIS Design Round-table
「境界線を越えて — 拡張し合う言葉とイメージ」


Date: 2019.7.23
Place: AXISギャラリー(東京)
トーク出演:工藤桃子(建築家)、中山英之(建築家)、環ROY(ラッパー)、大崎清夏(詩人)
ファシリテーター:鞍田崇(哲学者)
企画:松渕彩子
撮影:金川晋吾
https://www.axismag.jp/posts/2019/07/135240.html